« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年6月

6月2日

疲れがたまっていたので、マッサージに行った。痛い思いをして、そして、いまも痛い。動くのも億劫だ、腕って重いんですね。これって負傷したってことになる。ふー……新しいマッサージ屋さんを探しにいかなきゃ。

「と」「それから」「それと」「そして」……つまり「and」は、非常に便利なものだ。便利だけど、同時に、物事の本質を見えにくくする。シンプルな一文に、ゴテゴテと盛りつけて大きく見せる。そんなことが世の中にあふれかえっている。
ゴテ盛りされた物事からシンプルな一文を見つけ出し、ゴテゴテの一つ一つがなぜ盛られたのかを見極めないと本質は見えない。本質を知っているか知らないかで、説得力が全然違う。
でも、その本質が本当に本質かどうかは定かではない。表があれば裏もあるのが真実ならば、いつでもそれは覆る可能性はゼロではないのだから。だったら、ある程度のところで自分を信じて、そして、自分に期待しないことが得策なのではないか。
いつも考えることがある、いま自分に素直でいられているのか、どうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »