« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

10月31日

最近、スマホがwi-fiを使えるよ、と主張してくる。よくわからないし、危ない気がするからスルーする。

うれしいときは心を感じないのに、イヤだなってときは心を感じる。苦しい。こんなときは、とにかくやめたいと思う。それもイヤだなって思うから、負のスパイラルてすよ。

きょうは、こいつはファーストインプレッションで何かやだなーと思った人に、クレームを受けた。不意にきたもので、しどろもどろになって自分が大変情けなく感じた。
結果としては、お互い悪かった。私は、バカていねいにやればよかったし(わかっているはずでは仕事を進めない)、相手はよく確認すればよかった。
といっても、他人にまんま怒りをぶつけられる人は、自分の落ち度についてはノーコメントだ。謝りにくいんだろうし。
といっても、気分がいいものではない。なんだけど、相手が怒るまでに、私ができたことは確かにあるので、そこはごめんなさいだ。
やっぱり私は、ファーストコンタクトでやな感じがした人に対しては、細心の注意を払うべきだ。予感は当たるもんだ。だって、自分と波長が合わない人なんだもん、そこは歩み寄らないとね。
ここでいう歩み寄りは、理解しようと努めるってことではなく、相手に伝わるようにコミュニケーションをするってこと。お互いうまくやり過ごすことができるように、最低限言葉にして伝えるのだ。

つくづく、怒りというのは、人に冷静さを失わせるものだ。
なかなか難しいけど、私は怒りを消せるようになりたい。怒りをぶつけるなんてことは、何もプラスにならないし、自分に負けたことになる。
たとえ怒っても、対話に落とし込めるまで意識を保てるように心がけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月22日

筋を通す、ということは自分にとって大事だ。なぜなら、カッコいいからだ。さらに、私は心が狭い。
だから、いろいろ葛藤が生じる。

思ったことが、そのまま表現できる人とできない人がいるとわかっているけど、そこを判断するのは人それぞれなわけで。チャンネルが合わなきゃ無理だってことだ。それはお互い様。
チャンネルとは、言語も年齢も性別も関係ない次元の話。なんとなくのこと。
チャンネル合わなきゃ、距離をおけばいいんだって。色眼鏡だって、焦点合えば見えるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月30日

台風が通りすぎている。物干し竿を下ろすために外に出たけど、髪がバサンバサンになった。
髪が伸びた。長くなると、よくからまる。私の髪は柔らかいのでよくからむ。それがすごく気になる。だから、切ろうかと考える。でも、もう少し伸ばしたら、また違うものが見えてくるかもしれない。それを見たい気もする。そもそもモチベーションがどっかに消え失せているので、ふわふわしっぱなしだ。モチベーションなんてなくても、髪は伸びる。髪を切らなければ、髪は今より長くなる。

私は、どのときの自分が好きなんだろう?
楽しいと思っているときだろう。楽しいと思うのはどんなとき?
最近あんまりないかも。楽しいは一瞬なのかもしれない。

きょう、ようやくここ1年半費やしてきた脚本ができあがった。
とりあえず一区切り、しばらくは見たくない。それは、読み返すたびに、引っかかるところが出てくるから。だから、きょうが締め切りになっていなかったら終えられなかった。あとは、うまくいくように願うだけ。
正直、達成感はない。もっとおもしろくなる、したいと思っているからだ。とりあえず、一区切り。

気持ちを切り替えて、すぐにでも次のことに取りかからないと。2週間で書き上げるぞー。
その前に連絡しなくては……なんとなく気が重い。

一日中、脚本のことだけやれるようになりたい。
架空の話を作って、演劇や映像やラジオで「人がロマンや希望をもち、愛こそすべてと思える」世界を作りたい。
そのためには、どうするべきか?
今の現状は、いろんなことを考えて決めたことなのに疑問だらけ。このくりかえし。
つまり、やりたくないことはそんなに続かないんだ。無理は無理なんだな。
自分のゴミのような枠を超えるにはどうしたらいいんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »