« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

1月23日(4)

昼間のテレビで、アフリカから畜産研修しに来日した男性二人が出ていた。一人は二十代で、もう一人は五十代くらいかな。
それを見て、幾つになっても志があれば、チャレンジできる、また、これが本来あるべき姿だなと思った。
でも、これが同じ中年の日本人ならば、門戸は開かれたのか疑問である。

日本というのは、年を取ればとるほど新しくチャレンジがすることが難しい。どこかみんな憶病になっている。その理由はわかるけど、どうだっていいじゃないかと思う。
景気のせいだけではなく、閉鎖的なんだと思うんです。みんな、明日は我が身なのに。

私は、「志望動機」という言葉嫌い。この言葉聞くだけでうんざりする。私が採用者ならば、全く興味がない。志望動機は、「私のどういうところが好き?」と恋人に聞くのと同じレベルで意味がないと思うから。

日本の会社の思考の底辺には、忠誠を求める節があるように感じる。なんて虫が良すぎる考え。死ぬまで面倒みれませんと、露見しているのにね。仕事はシェアすればいいんだよ。仕事以外で時間を持つ自由を認めるべき。

入口を狭めて働き者を遠ざけるなんて愚の骨頂だ。なんか価値観を変えないと幸福度が上がらないよ。もう国を豊かにすることは済んで、別のステージに行っていると思うよ。
気楽に自分のことを話せる社会がいい。そうなるよう、私は表現したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月23日(3)

脚本書きで日常の色々なことがぼんやりとした日々を過ごしていた。それはそれでいいが、刺激がないのは頭に隙間をなくす。
発想の家の扉が固く閉じ、家人は籠ってしまう。そんな時は、もうダメかもしれないと思うけど、急に扉が少し開いて家人がなんかものを投げてくれことがある。何のタイミングかさっぱり分からないけど、とにかくこれを拾わない訳がない。
人というのは、いろんなものをくれる。だから、得意という訳ではないけど、できるだけ老若男女の人に会えたらと思う。
働くということは、人に会える、そして、お金をもらえる。だから、働くんだなぁ。

この前、映画『Burlesque』をやっと観られた。大好き。一人で観ていたけど、我慢できずに小さく拍手をした。こういうの!だ。


今、小さな決断を迫られている。人と一緒にものを創るって言うのは、容易ではない。しょっぱなから転ぶとは……。前途多難でも、熱い心があれば、どうにかなるもんだ。それには仲間。それがね〜。私はいつになったら、芝居が創れるのか?

仕方ないから、とにかく一本戯曲を書くわ。ごちゃごちゃ気にせず、発想の家の扉を開けてもらえるように気楽に行こう。

書いてなんぼ、私は。努力するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日

新年あけましておめでとうございます。

2011010106510000_3 こちらは、奥多摩の日の出山から撮影した2011年の初日の出です。
大晦日23時半に地元の駅を出発し、立川駅で2時半頃にKちゃんと合流し、御嶽駅に元旦3時5分着、そこから山行を開始。御岳山から日の出山に縦走し、初日の出を見ました。

道中なんやかんやあり、御嶽神社で引いたおみくじに二人とも「正直に生きるべし」と書かれていたのをいいことに、欲望のままに予定を変更し寄り道し自分たちを褒め称え完遂しました。

地平線の先から太陽が昇る瞬間は何遍見ても感動です。あんな色合いは想像では創り出すことはできません。
今年は、少し雲があったので、予定時刻より少し遅れて雲の上から顔を出してくれました。
朝焼けの空に、1点赤く燃えさかる炎に雲が照らされ、今か今かと爆発しそうな不穏な感じ。そして、そこからじんわり上がってきた太陽は、この世界を明るく温かかく照らす。すばらしかった。神様です。

それにしても頂上は寒かった。
相棒のKちゃんとは初日の出登山、2008年高尾山に続き二度目で、前回同様、初日の出を拝んだ後はその場でチビ缶ビールで祝杯を。
がしかし、今回、非常に寒くてまったく酔えなかった。普通、アルコール飲んだら温まりますでしょ?それが、ない。ふるえる手でなんとか飲みきり、今度は何を持ってくればいいのかなと言いながらそうそうに御岳山に向かいました。

今回は、一昨年には全然いなかった山ガールと呼ばれるカラフル女子達に、何人も遭遇しました。彼女達の金のかけ方はすごいです。
私たちは、ただの山好きです。苦しいことはなるべく避け、最低限無事に下山できる為の装備しかない。
こんなに寒いのに、スカートにタイツにレッグウォーマーはないだろ○△×□○△×□……。

しかしまぁ、夜の登山は初日の出というイベント的な要素がなければ、怖いです。このテンション、カウントダウンで飲んだくれる外国人にも負けません。だって、興奮して仮眠ができなくて、結局、二日くらい寝てないもん。
帰りの電車で眠気の沼から必死に顔だけ出して乗り換えをして、家に帰って食べて寝て、ようやく今、ちゃんと覚醒しました。


2011010211440000 さて、こちらは、新年明けたらおろそうと決めたペンケースです。いいでしょ?
今年は、攻め続けることにしました。今までダメと思って止めてしまっていたことを、ゼロにする。そしたら、なんかあるだろ。
優しい心を持ちつつ、人にどう思われてもいいから自分を通す。もっと格好悪くなるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »