« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

10月29日

ブログは何のために書くのか。
それは常々考える。
細々公共の場で主張をしたいのか。
かと言って、自分の発言や主張による反響を鑑みて話題を考える。
せこいと思う。でも、なんとなく書いてしまう。
あぁなんとなくでのらりくらりでやっていくのが、精神衛生上よろしいようだ。

今週、物欲が高まっている。
お金を貯めねばならないのに、あーだこーだで出費をしている。
全く金に振り回されている。
最近、派遣先が暇だ。そんな暇に慣れてきてしまって、だんだん給料泥棒という言葉に抵抗がなくなってきた。
もうそろそろ潮時かと思う。ならばさっさっと貯めるもの貯めてな。
こんなことを考えていると、一体自分はどんな風に生きていくのだろうと思ってしまう。
本当に書くことだけしか続けられてない。その書くことで金をもらわなくては、私の人生の起死回生はなりません。
あーPanasonic Let's noteが欲しい。ノートパソコンあれば絶対使うのに、金がかかる。

毎日、意味もなく夜更かし。
今も眠い。
あぁ、ラジオドラマのいい案が浮かばない。
なんとなく竜(ドラゴン)を登場させたい。俗に言う、ファンタジーなんだろな。
ファンタジーだろうが何だろうが、思いを注入できれば何だって同じじゃないのか?
自分はファンタジーとそうでないものの違いがよく分からない。ドラゴンもおばあちゃんもなんもかんも同列にいるのだ。

最近、ようやく自分の住む市の図書館の利用者カードを作った。
何の制限もなく自由に借りられるところがとても気に入っている。
それまでは、隣の市の充実した図書館を利用していたのだが、制限が多くてフラストレーションが溜まっていた。
税金を払っているのだから、率先して市のサービスを使った方がいいに決まっている。
脚本でいいのが浮かばないから余計な本ばかり借りて、寄り道ばかりの読書をしている。
こういう時ほど、面白いことに出会い、読書が進む、何でだろう。
とにかく、知識が増えている。自分は本当に無知なのである。

グダグダしてんなぁ、ほんとに。マイペース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらいゲロ

もらい泣きはある。
もらいゲロもある。
私は成人式の夜もらった。

そして、今宵その気配を感じた。
今日は神奈川県まで遠征して、今その帰りの電車の中だ。

最初は、ゲロを吐く酔っぱらいの嗚咽かと思った。
運がないわぁー。
しかし、車内に動きがない。よくある、おぉぉ!!!というみんなの動きが、ない。
変わらず、嗚咽は周期的にくる。それも嗚咽のバックには複数の笑い声がある。

な、なんだ?少なくともゲロではないらしい。

嗚咽音の方向を見て、やっと気づいた。

引き笑いだった。
ゲロ吐きそうな風の引き笑いだった。
爆笑中だ。


・・・・・・最悪。


気にしないことにした。
しかし、なんかずっとそのゲロ笑いを聞いていると、自分が本当に吐きそうになってきた。

もらいゲロはあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3時間半

立ちっぱなしです。朝7時に家を出たのに、地元を離れられたのは、一時間後。
いやはやいつもと違う強い台風です。
ほんと無力。自然現象(地球)の前にはすべて無力です。

道を歩いていて、何か飛んできやしないと怖かった。
傘をさすことも無理だから、濡れたままだわ髪の毛ブワブワ!!!

あぁ、なんて台風。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風

くるようですね。明日は早起きせねば。
それにしても、連日雨というのは嫌ですね。特に電車はむしむし、たくさんの人、自ずと臭い。
濡れたまま拭きもせず電車に乗る輩は意味不明です。思いやりのない傘の持ち方も同様。

あぁ、電車通勤を止められたらどんなに幸せか。

湿気と気圧の変化で体がダルい。眠いし。
集中ができず、文字が頭に入らないから本が読めない。もちろん文字もよく書けない。
その代わり、焼き芋が無性に食べたくてしかたない。なんでかな。

しかし、いい加減にしないと絶対後悔する。
狭い穴を通るには、ぶち抜いて幅を広げるしかないのだ。
周りのことはしばしお休みだ。もういい。だって、皆それぞれその時々、価値観が違うもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイマー

22時45分、無事ステレオのタイマーが作動した。
ただ今、ラジオを録音中だ。本当はリアルタイムに聞きたいのだが、設定ミスでミュート状態で録音されている、残念。

昨夜、このタイマーをセットするために、録音用のMDを選んでいた。
わざわざ新品をおろすのがもったいなくて、使い回そうとしたのだ。
MDはかれこれ10年ほど使っていない。だから、録音済みのMDたちは10年前の自分がセレクトしたものだ。
ほとんど音楽の好みは変わっていない。考えていることもさほど変わっていない。このまま行くのか私は。
それにしても、MDの音質が思いの外いいので、しばらくMDで音楽を聴くのが自分の中で流行りそうな予感。

台風が接近している。
なんだか空気が停滞している感じがする。
ついついのんびり過ごしてしまう。もう眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月4日

たっぷり寝た。途中、それしかやることがないのかと自分で思った。
言い訳をするならば、部屋が蒸し暑かったからだ。窓を開けても、風が入ってこない。
ならば、寝て過ごして昼間をやり過ごせばいい。

寝転びながら、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観た。
静かな川の流れのような映画だった。音楽は賑やかなものが多いのに、南米の映画は淡々と乾いたイメージがある。面白いもんだ。
主人公はあのチェ・ゲバラ青年、彼の考え・行動については特に言うことはない。ただ、すべての出来事が過程なのだ。
私は、この映画の脚本家の意図・思いをどれだけ汲んだのか。どうなんだろう。ほとんど分かってないと思うなぁ。
それにしても、ガエル・ガルシア・ベルナルの唇はとてもいい。唇の形は本当に天性のものだわ。

先日、Dさんと飲んだ。脚本の感想を聞きがてらだ。
緊張したし、凹みもした。でも、有り難い。本当に。
自分がなんとなく気になっていたところや迷っているところを指摘されたからクリアになったし、後はそれをどう料理するか書き手の思案のしどころである。
いざ、再び未知なる世界へ飛び込むのだ。正直、しんどい部分もある。でも、面白い本になれば、なるために、書けるようになるために、避けては通れない道。逃げてはいけない。きっと何か見つかるはず。何事もやってみないと分からない。
帰りの電車で一昨日観た芝居を思い出した。自分の大好きな演出家さんの作品で面白くて幸せで、その引き出しの多さに感服した。本気で下につきたい。その為にも精進精進。

そんなことを思ったら急にいいものに触れたくなり、昨日はHちゃんとRちゃんとのランチの後に国立新美術館『THE ハプスブルク』へGO!
閉館までの一時間半ゆっくり堪能できました。初体験だったイヤホンガイドも良かったです。イヤホンガイドがあると見やすい距離で絵を見ることができますね、いいわぁ。
ハプスブルク家のコレクションの趣味は、私の趣味とよく合いました。好きな感じでした。それにしても、代々優れた審美眼があるというのはすごい!やはりいいものに触れると言うことが何より重要なんだなぁ~。
画家は一枚の絵に意図や思いを集約させる。自分は言葉を綴る。それがもし同じことを表したとしたら、本当に画家の表現力は恐ろしい。ギュッと1点の世界に盛り込めるだから。自分はもっと言葉を研ぎ澄まさないとなぁ。
調子に乗って、金がないのに図録を購入。迷ったけど、何か資料になるかもしれないので……。

締切近い。やることたくさん。まずは一歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »