« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

「余裕がない」

脚本や原稿を書いていると、思ったより自分に余裕がなくなる。
24時間何かに捕らわれている感じがする。
これが恋ならトキメキで笑顔になるが、この場合は先っぽが裂けた糸を針に通そうと何回もトライしているみたいなモヤモヤ感でいっぱい。さらにソワソワもしている。
これをうまく処理するのが自分の課題なのだろう。どうしたもんかな。

余裕がないのは、全くよろしくない。なぜなら、人としてよろしくないからだ。
とにかく、キレやすい。まるで、ライターの火だ。カチッ、ボッだ。

家にいると抑止が無く、家族に対してうるさい!と怒ってばかりだ。怒るなんてもんじゃない、あたるが正しい。
本当に申し訳ありません。ほんと人として最悪。見せられたもんじゃない。
それで大したもんができないなら、当たられた方は当たられ損だよね。そうならないように、面白いものを創れるように努力するしかありません。
当たられていいことなんてないし、自分も無駄なので、休日に書いている時は基本食事以外は部屋にこもりっぱなしです。
……暗いわぁ。

外では、抑止が働くので、カチッ、ボッとなったとしてもジッと鎮火するのを待つ。
だから、自ずとあまり話さなくなる。
というか、余裕がないから、心の保護膜が薄くなり何事も敏感に反応するのだと思う。心自体の力も低いのでマイナスに感受しやすくなる。
自己中心的・独善的が強いのだ。いつもはそいつらを押さえ込む力があるのに、うまく押さえられない。
これでは、ろくな事にならない。だから、省エネモード。

そんな中、知人の一人が自分に対して最近あたりが強いのではと感じている。でも、こんな時期だからスルーしようも、こんな時期だからスルーできずに悶々としている。
大したことないでスルーしたいのに……何?何?何?
そして、今日、他の人からもそのことを言われ、どーんと凹む。
あたりというのは、具体的に言うと、口の利き方がひどいのである。
強気な自分なら、「口の利き方気をつけろよ」と言ってしまいたくなるぐらいである。

怒るやあたるや機嫌が悪いというのは理由がある。
でも、相手にとって、その理由が分からないのは、理解ができずほんとに不快である。
基本的に感情というのは、独善的なものなので、こういう場合、自分は基本的に相手に説明しようと心がける。それができないなら、何もしないように心がける。
無論、それができる時もできない時もある。ダメな時は、謝るか挽回を図るしかない。
ただ、これは、信頼関係がある人に対してだ。家族・友達・恋人である。大切にしたいと思うからこそ、思いを伝えたいのだ。逆もしかり、分からない時は尋ねることにする。それが例え、ケンカになってしまったとしてもいいのである。関係を構築することには変わりはないのだから。
まーそんなうまくいかないんだけどね。
とにかく大事にしていることは、独善的であるという自覚と尊敬と威厳を持って人に接したいということ。
自分が痛いと思うことは、誰かも痛いと思うことなのだ。
自分の言動による結果を受け入れることが責任を持つということなんだ。

横道にそれ、それも、独善モードになってしまった。
今回の知人に対して、知人と表現するように友人ではない。将来、友人なるかもしれないけど。
だから、私はこの感情を知人に伝えるつもりはない。何がなんでもスルーする。例え、怒ったとしても相手の生活は何も変わらないのだから、怒るだけ無駄。それに、こんな時期だしね、ろくなことになりゃしない。
こういうことを通してみて、本当に怒ってくれる(叱ってくれる)人はありがたい。家族はもちろん、家族以外の人で怒ってくれる(叱ってくれる)という人は宝である。
みなさま、いつも本当にありがとうございます。本当にありがとう。

ふー、今回はブログ使用の悪い面の固まりにみたいになってしまってごめんなさい。フェアじゃないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティンコンティンコン

今朝、ごはんを食べていたら、地震予報?がテレビに流れた。
今から強い揺れがあるとな!!
えぇ?!きた?ついにきましたか?

ひとまず、水を床に下ろして、テーブルの下に入る。ふと強い揺れならば、頭を保護ってことで座布団を被る。
あ、素足ヤバい!ガラスが割れたら・・・しかし、時間がないだろうから、足をグーにする。
あ、犬。どうしよう・・・それにしても来ないぞ〜揺れてこない。
よっしゃ、靴と親を起こそうと思い、移動。

結局、何も揺れなかった。貴重な10分をロス。
予報というのは、不安を煽るものにもなるんだな。でも、当たるとなると便利。できれば、震度どのていどくらい知らせてくれると有難い。

それにしても、早急に地震対策をせねば。素足は怖い、ついでにパジャマを素早く着替える方法はないものか。
地震は怖いよ。マジで。
どうにもならないことだけどさ。

脚本のプロットを結構変えた。今ごろ?!という時期だけど。早くラストまで作って書き出さなくては。
もう書きだした方がいいよ!と頭で思うけど、気になることが次から次で立ち止まってばかり、眠くなるし。昨日は即寝だった。
我が家のコーヒー豆がもうすぐなくなる。Tくんに頼みたいけど、脚本のことを聞かれると痛い。むむむ。彼は空気を読めるから聞かないでくれるかな・・・頼もう。

今日はいい風が吹いてますね。心も吹かれて晴れやかです。あー会社行かないで書きたい。
今からの脱却は、脚本一文字ごとに近づくのだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸すわぁ

昨晩はTさんと新宿のボンベイに行った。
インドカレーを心ゆくまで堪能する。今回で二度目となるが、んまい!!
食べすぎた・・・汗かいた・・・。

店を出てテクテク歩いていたら、ムーディな路上演奏が聴こえてきて、バーという気分だなってことでウロウロ。その道中、ニューハーフのショーパブのチラシをもらって行きたくなるが、金がないのでいつかとなる。

バーで軽く飲んでホロ酔いつつアイスコーヒー飲みに喫茶店へ、まったり。でも、昔ながらの喫茶店だったから、ブラックのアイスコーヒーがなく、私はアイスティーを飲む。不完全燃焼。
その内、Tさんがトイレに行き帰ってくると、トイレで怪しい音がずっとしていてびっくりすると言う。私はそれを、怪しい男がずっといると聞き間違え、めっちゃビビる。それに比べりゃ大したことなくなってしまったが、Tさん曰くゴボゴボゴボ〜と轟音していて自分が一寸法師になって閻魔の腹の中にいるみたいだそうだ。
それも嫌だなと思いながら、自分もトイレに行くが静かだった。それより、個室の扉の内側にでっかい鏡がついていることに大疑問。目的は?!
このインパクトを吹っ飛ばすほど、轟音が凄かったのかい?難儀だったね、T3。

T3・ほんださんと丁寧に呼び合う仲だが、とても気楽な二人なのだ。
楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女のかわいさとはですよね

何が書きたかったか忘れています。でも、無理矢理書いてみますか。
女のかわいさとはなんでしょうかね。
体型?痩せていても太っていても、かわいくないのはかわいくないですよね。そんな分かりやすかったら、苦労しないです。ただ、痩せている人が表舞台に立ちがちでみんなそう思いやすい。でもね、ふとっちょさんでばっちりフォルムに収まっている人は、本当にかわいいんだよね。
ここまで書いたけど、考えたら結局、全体(内外)通してバランスがいい人がかわいいってことに行き着いてしまった。バランスがいいの中でフォルムに収まっている人はさらにやばい。
こんな風になるともう説明なさ過ぎて分かりませんよね。ものすごい主観。だから、ちゃんとした言葉になることがあったらまた書きます。百パー受け入れられない気がするけど。

男も同じかなぁ。ちょっと違う気もするなぁ。別の生き物だから、触りたいか触りたくないかかしら?
ほんとどうでもいいことばかり書いています。

昼間からビールを飲んでしまったから、思うようにいかない。脳疲労ですよ。
また明日から労働だよ。うわぁいやだ。。。
この週末は、物欲にまみれた身があるけどないものだったな。
寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »