« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

床暖房

床暖房に憧れます。
というか、壁から漂う冷気をどうにかできればなんでもいいです。
本当にあれ嫌いだわ。

先週はずっと腰が疲れでだるかったけど、久々に一日中寝たら驚くほど快復。
やはり週に一度はたくさん寝ないとダメですね。というか、毎日睡眠不足なんでしょかね。
私の場合、いつも布団に入るのが眠気の限界点に達してGO!なので、不足も何も・・・。
では、起きるのが早いんでしょうか。
今ちょっと関わっている芝居の演出のRは普段フリーで映像の仕事をしているので、なんだかうらやましい生態系をしております。
自分もフリーと言えばフリーですが、食えないフリーなので食いっぱぐれるだけです。
あぁほしい、社交性、ほとばしっている筆力。
願って湧いて出てくるわけではないので、腹筋と背筋を鍛えましょう。脱猫背。

前回書いたように、Rの芝居を手伝っているのです。
約二年ぶりの芝居の現場は、やはり、自分の中でいろんな思いが交錯します。
稽古場って、どうしてあんなに凹むんだろう。なんだろうあの空間。
役者でもないし、演出助助助手のくせなのに。大した仕事をしていないのにね。
自分がもっとなすべきことがあるのではないかという思いグルグル回るんです。不思議なものです。
こんな感覚、稽古場だけですよ。
手探りで当てのないかすかに見える光に向かって、這って歩くみたいな。具合悪い時に、ふと、自分で勝手に具合悪いと思っているだけかもと錯覚するような。
といっても、そんな緊張感がある現場ではないのです今回。むしろ、緊張感もとうよ!という感じなんです。
やはり、自分の意思で決断できない状況は、自分の性には合わないようです。
なんてね。
作・演出のRよ、早く本を書いてーそしたら、私の仕事が出てくるのよ~大変な気がするけどー。

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く寝ろよ!

普段は12時になると自動的に寝てしまう毎日ですが、今日は、Rと電話をしたため興奮して眠くありません。
数時間後には、仕事が始まるというのに。
電話というのは、なんだか不思議なものでタイミング大事です。こんなことを言っている時点であまり得意ではないのかも。
そんなことはどうでもいいです。

正月はどうすごしましたか?みなさん。
私は、田舎に帰るのと初詣と芝居見て飲んで以外は、寝正月でした。
いろいろやろうと思うけど、やりたい数と処理能力に大分開きがあり、なぜかウトウトする。
バカじぇねぇか!と思いつつも眠くなるのです。
でも、今は眠くない。因果なもんです。

昨年はいろいろあり、反省がして、年賀状を書く度に凹んでいきました。
年賀状は、近況報告と来年の抱負みたいなことを書くのですっごく憂鬱になりました。
それがいつものことなのか、ここに来て感じる感情なのか覚えていないのでわからないのですが。
それを引きずりながら、年明けをして調子に乗れない自分がいます。
ぞくぞくと返信される年賀状や年賀状メールに書かれた内容に、さらに一喜一憂したり。
そんなんで、昨日はゆるい芝居をIさん・Tさん・Kちゃんと観に行った際に大いに語ろうと、観劇後の飲みに挑みましたが、出てくる言葉(伝えたいこと)が大してないのです。
面白いことを言えないし、大したこと言えないし、どうしようもないもんです。
つまり、ただ具体的に何があるわけではなく、おセンチになっていただけってことで。ダメだわ。
新年早々、帰りの電車でポツポツとどうしようもない発言を聞いてくださったIさんありがとうございます。申し訳ないです。

あともう少しで、Rの稽古が始まります。
演助ということでいいと言われたけど、ベタでないし、それもいかがなものか。
Rのサポーターということにしてもらおうかな。
まぁ、稽古直前に声をかけられたしね・・・。
未知なる世界で怖いですが、今年自分がやろうとしていることの方がもっと怖いのでその為にもRとの友情のためにも、全身全霊でとり組む所存です。
そんなことここで書かなくていい話だけど、なんだか書かずにはいられなかった。
あぁ、海外旅行に行く1週間前みたいな心境です。
そういえば、一昨年、自分はNYで一人旅をしたんだなぁ。信じられないわぁ。
ほんと臆病なんですよ。だから、常に必死です。
ひとまず、Rを頑張って支えます。

今年は、自分の描きたい世界の片鱗でも掴めるよう書きたい(表現したい)な。
感覚的に冷静に。
人に喜んでもらえるものを。そんなものを作りたいです。
それが自分にできそうなのか感じるため、精進する所存です。

とりとめもなく書きました。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。
心から今年一年のご多幸を祈っております。
以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »