« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

鍋パーティー

今日は、正確には昨日は、会社の人のおうちで鍋パーティーをした。
普段ほぼ料理をしない私が、持っていく具の下ごしらえをして参加したのです。

油揚げと鱈。

前日、隣の駅にある高級スーパーに行ってきた。これは自分の気合いの表れである。
スー パーオリジナルブランドの油揚げ一枚140円にびっくりするが、落ち着いて二枚130円のおいしそうに見えた商品をチョイス。内容表示を見ると、オリジナ ルは「大豆(国産)」とあるが130円は「大豆」のみ。国産にするなら140円になるということなのか、それとも国産で高級な大豆を使用をしているのか。 とにかく、オリジナルが適正価格なのかが分からない。
次に、鱈を三切れ購入。あとで、母に三切れでは足りないのではと言われ、二切れ近所の普通のスーパーで仕入れる。
今日、いざ鱈を下ごしらえをしてみると、高級スーパーと中流スーパーとの魚のグレードの違いを目の当たりにする。見た目で違う!高級はやはり肉厚でおいしそう!無論、お値段も違う。同じ値段で、高級は三切れに対し、中流は四切れ。ちなみに同じ産地で同じ種類。

私は、絶対いい方の鱈を食べようと決めた。だって違うもん!見た目からして。鱈は適正価格かな。でも、なんか高級と中流の前に、複雑な気持ちになりました。いろいろ考えちゃうよ。格差、適正、(個人による)価値観、(生活階級による)価値観とか。
しかし、鱗がちゃんと取れおらず、自分で取ることに。切り身は普通取ってあるもんでしょ。私の勘違いなのかな?

昨日の買い物も含めて、経験不足・知識不足・技量不足を痛感。方法は思いつくけど、普通に、正解=到達点が分からないんだもん。まぁ、それなりにはなりましたよ、でもね…。反省。

そんな私なのですが、鍋が始まると自分が鍋をメインで作っていました。既製品のおだしだったからかおいしくつくれちゃったけど、なんだかよく分からない状況でした。不思議だわぁ、なんでメイン?そんなんですが、人が「おいしい」と言っているのを聞くのはやっぱ嬉しい。まぁ、鍋なので具の良さによるおいしいなんですけどね。内心、天狗になりかけたので自重いたしました。ちなみに、寄せ鍋とキムチ鍋です。どちらも美味だった!

このパーティーには、参加者の愛息(4歳)も来ており、大いに彼は暴れておりました。
最近、気づいたのですが、私は子供に対しても人見知りをしている。ドキドキしている自分がいる!それに、幼児も普通に人見知りをするので、最初はなかなか打ち解けられません。さらに、人が盛り上がっている姿を冷めた目で見るという性。
今日もそんな感じで、大分経つまで少年と打ち解けられませんでした。どうにかならないかと自分でも思うけど、心がロックされてしまうんだもんなぁ。あぁ。子供が好きなんだけどね、時間とスキンシップが必要なんだよ。これは、親になると変わるのでしょうか。

それにしても、子育ては難しいです。よその子は余計難しいです。教育方針というか価値観の違いがあるじゃないですか。常識ってどの程度教えれば分かるのだろうか。今日は、自分なら叱るという場面があったのですが、親と自分が気心しれた親しい訳ではないので押さえました。これが学生時代の友人だと別なんだけどなぁ。私自身がしっかりした常識を把握していないから思い悩むのかな。そもそも常識って?グルグル考えてしまう。ブログに書ききれないや。

今日も、いろいろ考えさせられる経験をしました。以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »