« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

曇天

今日ははじめからおわりまで曇天でしたね。
こういう日は、なんだか気分が乗りません。
昨日は、ヨガを休んでしまいました。なんか考え事をしていたら、時間が過ぎておりました。
あぁ、ヨガやりたかったのに・・・。
どアホです。
時間を無駄にするのはなぁと思って、病院に行ってきました。
出雲に向けてなどいろいろあるのです。
今、右目が痛くて、めがねの日々を過ごしております。
眼科に行ったら、いつもの先生がおらず、代診の先生でした。おじいさんでした。
正直、普段使っている器具と違うらしく、操作に手こずるのを見ながら大丈夫かよと思いました。
しかし、納得できる説明をしてくれたので、よしといたしました。
生物は、年をとると能力が衰えますが、それは個々の問題であり、能力が弱まることではなく・・・でも、不安になりますわね。
この線引きは非常に難しい。
昨今、キャリアアップだ、適職・転職だなんやかんやありますが、そもそも職業に貴賎はなく、あるのは心なんだと思います。
その心を育てるのが、仕事なのです。仕事に心を入れないで、何をするのか。人生の大半なのに。
いい意味で、転職がしやすい社会があればいいなと思います。
年齢に応じた転職っていいじゃないですか。
人は長く生きられるようになりました。それに対し、人の時間感覚、社会の時間感覚がついて行けていないのかも。
今は、みんなで模索中です。苦しいですね。
生きるということは、衰えることではないって思うんですけど。
だけど、その先が・・・わからね。

話は変わり、元気がなかった祖母が最近調子を戻してきました。
原因は、心です。
今春から先日まで、いとこ(その家の跡取り息子)一家と一つ屋根の下で3世帯同居をしていて、ひ孫たちにやられていたようです。
決して、ひ孫(チビ)たちが悪さをしたわけではないのです。
子供はしばしば罪のない発言をします。見たまま感じたままを言葉にする。
それで、90歳の年寄りの姿を見てかますのです。祖母にとっては、正直嫌です。でも、言えないから、必死に弱みを見せないように頑張る・・・けど、思うようにいかない。そうして、だんだん内にこもるようになったらしい。
あと、子供のパワーがまぶしくあったようで。
どちらもどうしようもない状況で、孫の私としては切ない気持ちでいっぱいになりました。祖母のプライドがもっと低ければ、ことは違ったでしょうが。
そんな折、いとこたちの家ができあがったのもあり、おじさん(祖母の息子)が静かに暮らしたいという発言と共に、円満に別居。
2・3日もしないうちに、祖母は気力を取り戻したのです。
生まれたてでもそうでなくても、人は人なんだなぁ。
それにしても、この前会った時のしょぼくれ感に、もうそろそろかなとショックを受けていたので、本当に良かったhappy01
早く安心させることができるように、仕事を頑張らねば!

今日、いい感じの構想ができたので、脚本を書いてみようと思います。
やはり、脚本を書いている時が一番楽しい。
集中力がないからほんと短いものだけど、1つのことしか考えてない時間はほんとたまらなく幸せな時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左の鼻が

ただいま、左の鼻が急に腫れ出しました。
腫れると言っても、かゆい。たまになるものだから、気にしないでおきたい。

この前は、久しぶりにIさんとTさんと飲んだ。
Tさんのおすすめの新宿の居酒屋さん(名前を見ず)で宴である。
料理もおいしく、そこにイカの網焼きなんかがあったら、なお最高。
積もり積もったヘビィな話をIさんに報告しつつ、気づいたらみんなでだいぶ酔っぱらっていた。
店が22時半閉店なので、3人でカラオケに行くことになった。
カラオケ、かなり久しぶりである。大したことではないけど、二人は私とカラオケというレアな体験をしたのだ。
それだけ酔っぱらいつつ、二人は大好きなのでよしとしよう。
まず一番手はTさんで、女の子らしい歌声であった。その間、Iさんから選びなさいと言うことで、歌本(なんといえばいいの?)を渡される。そしたら、外国曲集だった。自然な無茶ぶりである。
最近のカラオケは、曲数がほんと多いのね。ウルフルズがあんなに網羅されているなんて。
二番手は、Iさん。やっぱり歌がうまい。声がよく出る。うん。
三番手はもちろん私だ。カラオケで歌っていると、好きな曲を歌うも音痴の性か原曲をよく忘れる。だから、途中でよく分からなくなることがしばしば。それにしても、酔っぱらっていると、声がどんどん出なくなる。つまり、しゃべり過ぎなんだと思う。しゃべりながら、話の道がぐるぐる遠回りする感覚がある。やや!これではつまらない話になるぞ!と思うけれど、道は一方通行なのだ。まぁ、聞く方も酔っぱらいだからあんまり聞いていないしいいか。
そして、楽しく過ごし帰ったが、頭ガンガンで寝転んだらそのまま朝。体がバキバキになった。
その後、Iさんのブログを見たら宴のことが楽しい感じで書かれていたが、次の日のブログで宴ブログが浮かれすぎて失敗したブログと書かれていた。その回に自分とTさんは写真付きで載っている・・・面白いでないかい!

土曜日、いつものようにヨガに行った。
一緒に受けている人がなんだか疲れている風で、聞くと疲れていたのだが、その時初めて年上かも?と思った。きっと年上なのだろう。そして、既婚者だった。ちょっとびっくりした。
ダウンドッグというのを先週からやっているのだけど、今回ようやくなんか分かった。ポーズをしながらの呼吸は難しいなぁ。
先生が教えてくれたことでおっ!と思ったことは、呼吸で今を見つめるということ。私の解釈で行くと、人は自ずと過去にとらわれ、未来に思いをはせてしまい、今(現在)を認識することはなかなか難しい。呼吸をすることにより、今を認識、つまり、自分の存在を認識する。
普段の私は、というか昔から、集中力がない。というか、一つのことをやりながら、違うことを考えてしまうのである。そうすると、意識が散漫になり、遅々として進まない。これが本当に嫌で、困りものなのだ。自分でよく中学と大学受験に受かったなと思う、なんでできたんだろう。
記憶することでも刻むように覚えてしまいたいし、作業をするのにも一心不乱にやりたいのに!
山登りは、何も考えず、歩くことに集中できる。しかし、書くことと全く両立できない。
ヨガは、呼吸法。呼吸することで、今を認識する。これは、体得すれば画期的なことが起こるかも!!
その道のりは、長いだろうが千里の道も一歩からだ!

11月に出雲へ旅に出る。
気づくと、旅のことを考えている。全くアホみたいだ。
土曜日はヨガと爆睡。日曜日は、出雲(7割)と世界史と地理の勉強と少々のアイディア。
ひとまず、宿と航空券とレンタカーを押さえた。後は、どこに行くかを簡単にリストアップするだけだ。

先日、髪を切りに行った時、Jさんと話したことで、思わず自分の言った言葉に納得した。
年齢を重ねるごとに自分の無知さ加減を思い知らされて、勉強したいことがたくさん出てくる。やりたいこともほしいものもある。だから、時間が足りない。
そうなのだ、年を重ねるごとに自分の無知さが分かってくる。何も知らないんだってことに驚くばかりである。それだけ、世界が広がってきたんだろう。昔は知らないことすら何なのか分からなかったのだ。若さって・・・。
本当に声を出して言いたい!義務教育中の子たち、全力で勉強しなさい!そうすれば、だいぶ楽だよ。
私なんか、まったく世界史と地理が入っていなくて、知識が点と点で線になっていないことがたくさんあって、物書きとしてだいぶ危機感を持っています。書くより、学びか!というほどで・・・。実際問題、学びに多くの時間を割いています。学びと言っても、自主学習だからなかなか進まない。

そんな感じで。今回も思いつきで書きました。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン

常々、パソコンの調子が悪く、そろそろ・・・いやまだとしながら今日。ついに奮起して買い換えた。
パソコンというのは馬鹿にならない買い物だ。なんというか、未来への投資?みたいな感じ。何々をすれば、このぐらいの容量が必要でとか、最近では、DVDを観るならこれぐらいのスペックだとか・・・。自分のお金でパソコンを買うのは二回目だが、やはりまだ的を得た買い物をしたという気がしない。
自分のパソコンの用途といえば、文章書きとネットとメールぐらい、なのに!また余分な機能をつけてしまった気がする。あぁ。
それはともかく、新しいパソコンには、一時壊れ?かかりもしたが、動きが速くてとても満足している。

今は、来月、出雲へMさんと行く計画を立てている。まずは足は押さえた。あとは、宿。いつもと同じように、一人相撲で、せっせっと宿の情報をMさんに送っている。
最近、なんでかたまにあう人から「結婚した?」と聞かれることが多い。理由はわからないが、そろそろ自分もそんな年なんだろう。そっか-。
出雲大社は縁結びに神様と言われているので、その御利益にあやかれるよう良縁を願ってこようかな。
その前に、『古事記』と『日本書紀』の勉強をしておかねば。何かとこの二冊、知っておくとためになると思うのです。

そうだ、今月からヨガを始めました。
とてもいい感じです。なんか姿勢がよくなってきているなぁって思う。とにかく、楽しい。
ヨガは「頑張らない」ことが大事らしいのですが、その「頑張らない」こと典型的な日本人の自分にはうまく飲み込めない。だから、それを知るためにも、ヨガをしたい。
それに、ヨガの先生が同い年で、なんか面白そうなニオイをする人なのでたぶん仲良くなれる予感がすごくする。
N子にヨガについて本を借りてから、約一年やっと本格的に始めました。土曜日の午前はとてもいい時間です。
ただ、自分は右左がよくわからなくなってしまうので、そこだけは早く気をつけたいです。
ちなみに、大人になってわかった自分の苦手なことは、『数を数えること』『右左』『歌うこと』とわかりました。
歌は、お金持ちになったら密かに習いに行きたいと思っております。これで、密かではなくなってしまったけども。

あとあと、小学校の同窓会に私の文章が載ります。夏にやった同窓会の報告を書いた文章なんですけど。
小学校時代、学校に「さくぶん」という文集があって、それに載りたくて仕方がなかった自分にとってとても不思議な感覚なのです。3コ上の兄が常連で、それがうらやましく、しかし、がんばって書くものの全く載らず。常々、文章をもっと勉強しろと言われ続けた少女時代。
それが、20年近く経って、同窓会報に書いてくれと言われて書いて、載って・・・人生って分からないものです。
といっても、大した文章が書けている訳でもない。自分が脚本を書いているということが、他から見たら『文章がうまい』となっただけに過ぎないのです。ほんとのところは知らないのです。
文章がうまいわけではなく、文章が書くことが好きなだけでそこに時間をものすごくかけているだけなんです。すぐ書けるわけでもなく、自分の場合は何回も直さないとまともなものにならないのです。
と、こんな風にひねた考えを吐露しても仕方がないんですけど。自分がここで言いたいのは、みんな誰しも同じだと思うのです。他から見た自分と、中から見た自分との差はあるのです。その差の受け取りかたすべてが変わってくるのです。
ということで、自分は、少しでもその差が縮まるように精進していこうと思います。

精進で思い出しましたが、緒形拳さんがお亡くなりになりましたね。
学生の頃、下っ端で現場に入っていたとき、ちらりとお見かけしたことがあります。もー全然違いました。雰囲気が。
名優 緒形拳というフレーズ、ほんとにうなずくことしかできません。寂しいなぁ。

また、さらに思い出したので、書き進めます。
私の前世は、男性らしいです。芸事に携わってバリバリやって、生涯独身を貫いたそうです。
男性・・・妙に納得いきました。
このことについては、少々研究中なので、また書きます。
では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »